【タケヤリをつくる人々】賀川 プロジェクトリーダー

はじめはお客様もいない、0からのスタートで新規先の開拓をはじめました。」と賀川は話す。 賀川は2010年に新入社員としてタケヤリに入社し、今ではこの部署を支えるリーダーとして引っ張っている。


大阪の出身ですが、見知らぬ岡山に来たのはなぜですか?



「繊維関係の商社を志望していましたが、生地のことをもっと知りたいと思い大学生の時に日本国内にある機屋巡りを行いました。数ある機屋の中で巡り合ったのが株式会社タケヤリでした。武鑓澄治会長に工場案内などをしてもらい大変興味を抱き、また新しい小売をメインにした部署を立ち上げると聞いたので、0から学んでみたいと思いました。若干の不安はありましたが、部署の立ち上げに関わらせていただけるという期待感を胸に岡山の移住を決めました。」



普段はどのような仕事をしていますか?



基本的なお取引先様はアパレルや雑貨のメーカー、インテリアメーカーなどです。またタケヤリブランドの販売もさせていただいています。オリジナルで商品を作りたいというお取引先様とお話をして商品を一緒にお作りさせていただいたり、会社の記念品や映画PR用の商品を作成をしたり。もちろん機屋ですので、オリジナル生地の提案など様々な種類のお仕事がありますね。」

現在は生地だけでなく多くの企業との取り組みを行い、タケヤリ帆布の可能性を広げている。帆布への情熱が誰よりも強く、タケヤリ帆布で人々の生活を豊かにしようと走り続ける真のリーダーだ。

Japanese
Japanese