タケヤリ帆布の品質は職人の想い

タケヤリのバッグに使用されている極厚帆布は、ベルギー産のピカノールという現存する台数が少ないシャットル織機で織られている。 タケヤリが導入したのは50年以上前。今でも修理しながら使い続けている。 

シャットル織機の取り扱いには職人の手の感覚も重要で、気候によって変動する湿度や糸の張り具合など細かな調整を重ねながら時間をかけて織り上げていきく。 また、タケヤリは織りあがった生地をひとつひとつ人の目で検査し、傷や汚れを修復する作業も自社で責任を持つ。 

不良を少しでも減らして、より良い生地をお客様に提供したいという職人の想いがタケヤリの高品質を支えているのだ。

Japanese
Japanese