【帆布ができるまで】その4 ベルギー製織機、ピカノール

下の写真はベルギー製のシャットル織機ピカノールを使って帆布を製織をしているところ。ゆっくりと力強く織り上げていくため、厚さによっては1日稼働しても数十メートルしか織れない。世界的に見てもほとんど台数のない貴重な織機。壊れたものも部品どり用として工場に残される。

季節による気温や湿度の変動によって織りあがりにバラつきが発生するので職人の手により調整され、毎日均一の品質を保ち続けている。

丁寧に織られる帆布一斉に生き物の様に動くシャットル織機は圧巻。

その5<<   >>その3  最初から見る

Related Posts

【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その4
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その4
定番中の定番、デイパック型のサンプルが完成。シンプルなデザインですがフロントポケットを大きくとり、内部にPCポケット、ペン差し、小物ポケットなどを設計、作り込んでいます。現在タイガー帆布シリーズ用のレザーパッチを開発しており、フロント...
Read More
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その3
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その3
BOX型のバックパックの開発サンプル。修正ポイントがたくさんある場合は、実際にサンプルに修正ポイントを書き込んでいく事があります。仕様書の中で作業するよりも実際のモノに書き込んでいった方が効率的で、設計者が理解しやすいのが理由です。 ...
Read More
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その2
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その2
丈夫さと撥水性を兼ね備えたタイガー帆布によるデイパック(リュック)。1度目のサンプルが上がってきました。高密度に織り上げた帆布に強力パラフィン加工をしている為、生地は板のような質感。最初は固く感じられるかもしれませんが、徐々に馴染んで...
Read More