【帆布ができるまで】その2 整経

紙の芯に巻いた糸が並んだ姿。撚糸された糸をビームに巻き取り、タテ糸を織機にかけられる様、整える作業です。生地によって、巻き取る本数は異なるが、通常、約1200本から2000本をビームに巻き取ります。 

下の写真はビームの芯となる部分。直径1メートルとかなり大きくなる為、移動はクレーンで行う。