【帆布ができるまで】その6 畳みと修繕

検査された生地はさらに修繕の工程に。傷や汚れなど項目ごとに色分けされた印をもとに、直せる限り一つ一つ熟練の職人技術で修繕が行われる。

染めや加工など後加工を行う為、多くの生地は染工所や整理加工業者へ出荷される。すぐに加工に移れる様に、生地は巻きではなく畳みの状態となる。

倉庫では出荷を待つ生地たちが静かに保管される。

>>その5  最初から見る

Related Posts

タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タケヤリのバックパック(リュック)は生地から縫製まで日本製。普通なら見過ごしてしまうところにもこだわっています。 写真はショルダーハーネスの付け根部分。通常生産性を上げる為、リュック本体の構造線に縫い込むのですが、タケヤリの帆布リュッ...
Read More
強度の高いハンドル縫製仕様
強度の高いハンドル縫製仕様
美しさと丈夫さを追求してできたシャンブレー帆布。タケヤリにしか織ることが出来ない特厚2号帆布の技術を応用しています。写真はシャンブレー帆布トート M 荷物をたくさん入れても厚みのある生地がしっかり荷物をホールドしてくれます。 たくさん...
Read More
【予約販売開始】特厚シャンブレー帆布トートバッグ
【予約販売開始】特厚シャンブレー帆布トートバッグ
予約受付がようやくスタート出来ました。もともと、6月には本生産を終えて皆様にお届けするつもりでしたが、生地の開発と製品デザインの度重なる修正によって遅れに遅れてしまいました。 ただ自信を持って これぞタケヤリの製品!と言えるものに仕上...
Read More