【帆布ができるまで】その3 経通し

タテ糸を上下させ、ヨコ糸を打ち込む為、帆布を織る前には「経通し」という作業を行う。タテ糸を筬(おさ)の真ん中にある穴に糸を一本一本通す。通し忘れると織機の故障にもつながる為、重要な作業の一つである。

また、「経通し」は生地組織のデータの役割をしているため、工場にとってはこれも一つの財産となる。

その4<<   >>その2  最初から見る

Related Posts

【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その4
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その4
定番中の定番、デイパック型のサンプルが完成。シンプルなデザインですがフロントポケットを大きくとり、内部にPCポケット、ペン差し、小物ポケットなどを設計、作り込んでいます。現在タイガー帆布シリーズ用のレザーパッチを開発しており、フロント...
Read More
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その3
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その3
BOX型のバックパックの開発サンプル。修正ポイントがたくさんある場合は、実際にサンプルに修正ポイントを書き込んでいく事があります。仕様書の中で作業するよりも実際のモノに書き込んでいった方が効率的で、設計者が理解しやすいのが理由です。 ...
Read More
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その2
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その2
丈夫さと撥水性を兼ね備えたタイガー帆布によるデイパック(リュック)。1度目のサンプルが上がってきました。高密度に織り上げた帆布に強力パラフィン加工をしている為、生地は板のような質感。最初は固く感じられるかもしれませんが、徐々に馴染んで...
Read More