【タケヤリをつくる人々】武鑓澄治会長

130年以上歴史のあるタケヤリは帆布の一大産地として岡山県の倉敷市に工場を構えています。現在では、定番の帆布から生地の加工、帆布を使った製品まで幅広く対応出来るようになっています。製品づくりに取り組みを始めたのは、かつて「今までの受注生産だけに頼る機屋では難しくなる」と感じていた会長の発案。そこから一気に製品を専門とする部署が立ち上がりました。

武鑓澄治会長が新しい部署を作った時、どんな想いがありましたか?

「受注生産が主力の機屋だけでは会社の発展の見込みがないことから、タケヤリで織っている帆布を使ったバッグを作り販売していく新部署を作りたいと考えていました。帆布の可能性をもっと広げる為に製品部署を立ち上げ、織物部を引っ張っていこうと決断をしたわけです。」

こうして、戦後多くの重大な決断をしてきた武鑓会長の判断で、機屋でありながら帆布の可能性を広げる取り組みが始まったのでした。
Japanese
Japanese