【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その1

「インチ法での開発」

シャンブレー帆布の生産を依頼した後、進めてきた製品のデザイン。素晴らしい生地が出来たので、できる限り余計なデザインを入れず、生地の魅力を生かして製品にしていきたいと思っていた。色々と帆布・カバン関連の資料でリサーチをした結果、やはり一番最初に作るべきは普通のトートだろうという結論に。しかしながら、シンプルなもの、普遍的なものを作るのが一番難しい。ただ何となくバランスの良い帆布トートを作るというのも何か違うと感じる。

調べてみたのは、長く愛される某アメリカンアウトドアブランド。トートバッグの起源は彼らが作る氷を運ぶための道具が始まり。私も幾つかこのブランドのトートを使っているが、どれも何とも言えない使用感と良いたたずまいがある。何が違うのかと調べていくと、彼らはインチ法でものを作っていて、その微妙な違いが全体感をセンチ法とは違った形で整えていることがわかった。

ついでに調べてみると、私のお気に入りのアメリカ製のスープボウルも同じ、センチ法にすると半端寸法になる日本にはない規格だった。

特にアメリカブランドのレプリカを作りたいわけではないのだが、歴史にリスペクトし、今回は試しにインチ法で商品を開発してみることにした。

 

Related Posts

お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
コーテッドキャンバスシリーズ。帆布にコーティングをかけた新しい生地です。帆布は綿なので水に弱いのですが、コーティングをすることによって水に強くなります。当然な話ですが、水に強いということは汚れにも強く、汚れても拭けば簡単に綺麗にするこ...
Read More
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タケヤリのバックパック(リュック)は生地から縫製まで日本製。普通なら見過ごしてしまうところにもこだわっています。 写真はショルダーハーネスの付け根部分。通常生産性を上げる為、リュック本体の構造線に縫い込むのですが、タケヤリの帆布リュッ...
Read More
強度の高いハンドル縫製仕様
強度の高いハンドル縫製仕様
美しさと丈夫さを追求してできたシャンブレー帆布。タケヤリにしか織ることが出来ない特厚2号帆布の技術を応用しています。写真はシャンブレー帆布トート M 荷物をたくさん入れても厚みのある生地がしっかり荷物をホールドしてくれます。 たくさん...
Read More