【開発ストーリー】シャンブレー帆布で作るトート 「習作」

”特厚”2号シャンブレー帆布によるトートバッグ作成の為、簡単な袋を縫製してみる。四角く縫製しただけで程良い存在感。製品への期待が膨らみます。
”特厚”2号帆布は強いハリコシがあり、縫製すると写真の様に自立します。カバンなどの袋物を縫製するときは中縫い(内側を表にして縫製)をし、どんでん返しでひっくり返します。丈夫で厚い帆布はこの作業だけでも一苦労です。

Related Posts

お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
コーテッドキャンバスシリーズ。帆布にコーティングをかけた新しい生地です。帆布は綿なので水に弱いのですが、コーティングをすることによって水に強くなります。当然な話ですが、水に強いということは汚れにも強く、汚れても拭けば簡単に綺麗にするこ...
Read More
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タケヤリのバックパック(リュック)は生地から縫製まで日本製。普通なら見過ごしてしまうところにもこだわっています。 写真はショルダーハーネスの付け根部分。通常生産性を上げる為、リュック本体の構造線に縫い込むのですが、タケヤリの帆布リュッ...
Read More
強度の高いハンドル縫製仕様
強度の高いハンドル縫製仕様
美しさと丈夫さを追求してできたシャンブレー帆布。タケヤリにしか織ることが出来ない特厚2号帆布の技術を応用しています。写真はシャンブレー帆布トート M 荷物をたくさん入れても厚みのある生地がしっかり荷物をホールドしてくれます。 たくさん...
Read More