【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布)  その1

 

タイガー帆布での試作。トラックの幌や、自衛隊のテントにも使われている特殊加工で、通常よりも強力にパラフィン(ロウ)加工をかけたものです。

なぜこの素材をバッグに応用しようかと思ったかというと、実はバッグの多くに使用されている合成繊維は太陽の紫外線に弱く、劣化が早いのです。一方でコットンをベースにした生地は紫外線に強いので、そこに強力撥水加工が加われば、日常で使用する道具としては最適なのではないかと考えたからです。

取り急ぎ完成した素材で、定番のワンショルダー型の試作品を作ってみました。縫製後の加工でバイオウォッシュをかけていますが、まだまだ十分な撥水力があります。更にこの帆布でデイパックなども計画しています。

その2<<

Related Posts

【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その3
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その3
BOX型のバックパックの開発サンプル。修正ポイントがたくさんある場合は、実際にサンプルに修正ポイントを書き込んでいく事があります。仕様書の中で作業するよりも実際のモノに書き込んでいった方が効率的で、設計者が理解しやすいのが理由です。 ...
Read More
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その2
【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布) その2
丈夫さと撥水性を兼ね備えたタイガー帆布によるデイパック(リュック)。1度目のサンプルが上がってきました。高密度に織り上げた帆布に強力パラフィン加工をしている為、生地は板のような質感。最初は固く感じられるかもしれませんが、徐々に馴染んで...
Read More
工場には焼杉の外壁
工場には焼杉の外壁
張り替えた部分と古い部分との微妙なコントラストが美しいこの写真はタケヤリの外壁。外壁は焼杉を使っている。130年の歴史の中で補修・張替えをを行い今に至ります。  地面から50センチくらいが白っぽいのは、昔水害があった時の物、壁には長...
Read More