【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その10

シャンブレー帆布「リベットの打ち込み」

岡山県倉敷市、日本最古の帆布工場タケヤリでしか織ることのできない厚さ1.62mmの2号帆布の特長は、なんといってもその丈夫さ。縫製だけでも十分な強度がありますが、更に強固にする為、追加でリベットを打ち込んでいきます。
リベットは通常デニムにつけるものよりも大きいものを使用、生地をおさえる面が大きくなる為、安定感が増します。

シャンブレー帆布とリベット

その11<<   >>その9  最初から見る

Related Posts

お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
コーテッドキャンバスシリーズ。帆布にコーティングをかけた新しい生地です。帆布は綿なので水に弱いのですが、コーティングをすることによって水に強くなります。当然な話ですが、水に強いということは汚れにも強く、汚れても拭けば簡単に綺麗にするこ...
Read More
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タケヤリのバックパック(リュック)は生地から縫製まで日本製。普通なら見過ごしてしまうところにもこだわっています。 写真はショルダーハーネスの付け根部分。通常生産性を上げる為、リュック本体の構造線に縫い込むのですが、タケヤリの帆布リュッ...
Read More
強度の高いハンドル縫製仕様
強度の高いハンドル縫製仕様
美しさと丈夫さを追求してできたシャンブレー帆布。タケヤリにしか織ることが出来ない特厚2号帆布の技術を応用しています。写真はシャンブレー帆布トート M 荷物をたくさん入れても厚みのある生地がしっかり荷物をホールドしてくれます。 たくさん...
Read More