【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その4


「試作品チェック」

帆布トートバッグの口部分は三ツ巻ステッチ(ジーンズの裾のイメージ)で始末されることが多いが、今回の特厚2号帆布は生地が分厚すぎて同じ縫製はできません。一度だけ折り返して端をパイピングで処理していきます。
この折り返し部分の生地幅を少し広くとる事で、丈夫になるだけでなく、製品自体の安定感が増し、沢山荷物を詰め込んでも安心して持ち運びができるようになります。
写真はトップと内ポケット部分。丁寧にパイピングされ美しく処理されています。

その5<<   >>その3  最初から見る

Related Posts

お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
コーテッドキャンバスシリーズ。帆布にコーティングをかけた新しい生地です。帆布は綿なので水に弱いのですが、コーティングをすることによって水に強くなります。当然な話ですが、水に強いということは汚れにも強く、汚れても拭けば簡単に綺麗にするこ...
Read More
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タケヤリのバックパック(リュック)は生地から縫製まで日本製。普通なら見過ごしてしまうところにもこだわっています。 写真はショルダーハーネスの付け根部分。通常生産性を上げる為、リュック本体の構造線に縫い込むのですが、タケヤリの帆布リュッ...
Read More
強度の高いハンドル縫製仕様
強度の高いハンドル縫製仕様
美しさと丈夫さを追求してできたシャンブレー帆布。タケヤリにしか織ることが出来ない特厚2号帆布の技術を応用しています。写真はシャンブレー帆布トート M 荷物をたくさん入れても厚みのある生地がしっかり荷物をホールドしてくれます。 たくさん...
Read More