【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その8

 「シャンブレー帆布トートのフィールドテスト」
製品のデザイン、縫製仕様のチェックが一通り終わったら次は実際に物を入れて長時間運んでみる。中には少し重量のあるウールのブランケット、PC、ペットボトルなど日常使うものをいれて。持った時のバランスがいいか、重さ、カバンの大きさに対してハンドルの付け位置が正しいか、ハンドルの厚みが握りやすいかなどなど。このバランス一つで毎日使える道具になるかどうかが決まってきます。

その9<<   >>その7  最初から見る

Related Posts

タイガー帆布デイパックの隠れた魅力
タイガー帆布デイパックの隠れた魅力
強力撥水タイガー帆布のデイパックの隠れた魅力。ぱっと見は普通のデイパック型なのですが、実はフロントポケットの大きさが一般的なものよりも大きく作られています。困るのはPC充電器や予備バッテリー、マウスなどの入れる場所。この帆布リュックで...
Read More
お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
お手入れ簡単 コーテッドキャンバス
コーテッドキャンバスシリーズ。帆布にコーティングをかけた新しい生地です。帆布は綿なので水に弱いのですが、コーティングをすることによって水に強くなります。当然な話ですが、水に強いということは汚れにも強く、汚れても拭けば簡単に綺麗にするこ...
Read More
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タイガー帆布 ボックスパック(リュック)の縫製について
タケヤリのバックパック(リュック)は生地から縫製まで日本製。普通なら見過ごしてしまうところにもこだわっています。 写真はショルダーハーネスの付け根部分。通常生産性を上げる為、リュック本体の構造線に縫い込むのですが、タケヤリの帆布リュッ...
Read More