TAKEYARI(タケヤリ)の

TAKEYARI(タケヤリ)のバッグに使われている帆布は、ピカノールというシャットル織機を操り織られます。この織機を扱うには職人の手の感覚も重要。より高い品質の帆布をつくるために、調整を重ねながら通常のおよそ10倍の時間をかけ、しっかりと織り上げています。 | #takeyaricanvas | #takeyari | #タケヤリ帆布 | #タケヤリ |

@takeyaricanvas
@takeyaricanvas_staff
@takeyaricanvas.en

インスタを見る

Related Posts

特厚シャンブレー帆布は、通常の
特厚シャンブレー帆布は、通常の
特厚シャンブレー帆布は、通常の生成りの糸とあらかじめ染められたチャコールグレーの糸を使って織りあげます。 この生地を織った織機は、製造工程上、メンテナンスをおこなわない限り他の生地を織ることができません。非効率なため、あまり市場にでま...
Read More
公式オンラインストア限定で販売
公式オンラインストア限定で販売
公式オンラインストア限定で販売している、特厚シャンブレー帆布のカラーハンドルトート。本体の生地はTAKEYARI(タケヤリ)にしか織ることができない丈夫な2号帆布を使用。ハンドルには汚れ防止にもなる撥水のパラフィン加工を施した11号帆...
Read More
Sheageでタケヤリ(TAK
Sheageでタケヤリ(TAK
Sheageでタケヤリ(TAKEYARI)の帆布の魅力について、ご紹介いただきました。世界でもタケヤリでしか、織りあげることができない特厚帆布の解説をとてもわかりやすくしていただいています。是非ご覧ください。 https://shea...
Read More