【タケヤリをつくる人々】武鑓澄治会長

【タケヤリをつくる人々】武鑓澄治会長

130年以上歴史のあるタケヤリは帆布の一大産地として岡山県の倉敷市に工場を構えています。現在では、定番の帆布から生地の加工、帆布を使った製品まで幅広く対応出来るようになっています。製品づくりに取り組みを始めたのは、かつて「今までの受注生産だけに頼る機屋では難しくなる」と感じていた会長の発案...
【タケヤリをつくる人々】賀川 プロジェクトリーダー

【タケヤリをつくる人々】賀川 プロジェクトリーダー

「はじめはお客様もいない、0からのスタートで新規先の開拓をはじめました。」と賀川は話す。 賀川は2010年に新入社員としてタケヤリに入社し、今ではこの部署を支えるリーダーとして引っ張っている。 大阪の出身ですが、見知らぬ岡山に来たのはなぜですか? 「繊維関係の商社を志望していました...
【タケヤリをつくる人々】小林 リテイル担当

【タケヤリをつくる人々】小林 リテイル担当

小林は千葉の出身。縁あって岡山に来てタケヤリの営業として歩みはじめました。 入社するまでに持っていた帆布や職人さんに対するイメージに変化はありました? 「正直に言いますと帆布とは何かを理解出来てませんでした。入社後、社内にある文献、会長自ら作成して頂いた帆布にまつわる資料を読...