TAKEYARI BLOG

【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その4

【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その4

「試作品チェック」 帆布トートバッグの口部分は三ツ巻ステッチ(ジーンズの裾のイメージ)で始末されることが多いが、今回の特厚2号帆布は生地が分厚すぎて同じ縫製はできません。一度だけ折り返して端をパイピングで処理していきます。この折り返し部分の生地幅を少し広くとる事で、丈夫になるだけでなく、製...
【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その3

【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その3

製品のフォルムやデザインの表面的な部分だけでなく、細部まで見回して縫製が正しいか、強度が十分ある縫製になっているか、等々、全体を細かく確認していきます。こうした試作と確認を続けていると時には、こちらが指定した縫製仕様と違う場合がある。間違いなのか?仕様に無理がある場合や、より美しい仕上げが...
【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その2

【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その2

特厚2号シャンブレー帆布トートの開発。先日スケッチを公開したトートが大型のもので、同時進行で9インチ幅の小型のものも制作しています。こちらは1インチ幅のカラーハンドルをつけたタイプ。書類や雑誌が入って、ノートパソコンが入るくらいのカジュアルなものを想定しています。 その3<<   >>その1
【開発ストーリー】シャンブレー帆布で作るトート 「習作」

【開発ストーリー】シャンブレー帆布で作るトート 「習作」

”特厚”2号シャンブレー帆布によるトートバッグ作成の為、簡単な袋を縫製してみる。四角く縫製しただけで程良い存在感。製品への期待が膨らみます。”特厚”2号帆布は強いハリコシがあり、縫製すると写真の様に自立します。カバンなどの袋物を縫製するときは中縫い(内側を表にして縫製)をし、どんでん返しで...
【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その1

【開発ストーリー】特厚2号シャンブレー帆布で作るトート その1

「インチ法での開発」 シャンブレー帆布の生産を依頼した後、進めてきた製品のデザイン。素晴らしい生地が出来たので、できる限り余計なデザインを入れず、生地の魅力を生かして製品にしていきたいと思っていた。色々と帆布・カバン関連の資料でリサーチをした結果、やはり一番最初に作るべきは普通のトートだろう...
【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その5

【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その5

  何度も職人と話しながら調整し、生地のサンプルが上がってきました。しっかりとした2号帆布の厚みはそのままに、あらかじめグレーに染められた糸が打ち込まれています。単色のものともイメージが変わり、表面変化が楽しめる上品な帆布になりました。”コンコン”という板のように硬い音がタケヤリ特徴 ”超高...
タケヤリから生まれる高品質な帆布

タケヤリから生まれる高品質な帆布

  櫻星のマークThe SAKURABOSHI logo 高品質な帆布の証Proof of high-quality canvas   糸の整経から織り上げ、検査にいたるまで工場で働く職人の手が紡いでいく。それぞれの工程に人の手が入る事で、ぬくもりのある高品質な帆布が生産できる...
私たちにしか出来ないこと

私たちにしか出来ないこと

日本製は良い。と言っていただけるのはとても嬉しい。ただ、国際的なトレードショーに参加すると国に関係なく沢山の素晴らしい製品に出会う。こだわりの製造工程で、トヨタ生産方式まで取り入れ、品質管理も徹底。そんな優れた企業が世界には山ほどあるのだ。 国際的なトレードショーに参加すると、日本製である...
【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その4

【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その4

何度かブログを更新している裏で、実は先染め用の緯糸を作ってもらっていました。この仕事をしていて、糸が上がってきた時と生地が織られて出てきた時が一番幸せな瞬間です。 綺麗に染まった糸は、こちら。特厚の2号帆布向けに7本の糸が より合わせられています。どんな帆布になるのか?それは織ってみるま...
【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その3

【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その3

前回はオックスの話をしましたが、せっかくなので同じ平織りの仲間でシャンブレーについても考えたいと思います。実際、シャンブレーと言われてどんなものかピンと来る人は、繊維の関係者くらいかもしれません。 シャンブレーというのはアメリカのワークウェアなどでもよく使われていた生地で、生地に使われる糸...
【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その2

【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その2

先染めで特厚帆布を作りたい。そう思ったのはずっと愛用している某USブランドの80年代のオックスフォードシャツを見て。がっしりした質感、長年使った時のなんとも言えない色の馴染み、ドライなタッチ、こんな風に変化していく帆布があったらいいなと思っています。 先染めというのは生地を織る前、糸の段階...
【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その1

【開発ストーリー】世界で注目される”特厚”帆布の進化 その1

私たちは昔から変わらない方法で 特厚帆布 を製造しているだけなのだが、最近ではビンテージ織機ならではの風合い、生地の密度の高さという、また違った観点で評価をいただくようなってきた。海外の生地展示会では世界中の方々から「まだこんな織り方をやっている!?」「今でもこんな生地があるなんて!」「す...
  • ページ: 2 / 2