タケヤリのハイエンドバッグ、「栃木レザーハンドルトート」を使ってみた!

倉敷 帆布の老舗・タケヤリで、定番商品として長くご好評をいただいている「栃木レザーハンドルトート」

28,600円というタケヤリの中でも高めの価格設定な理由はズバリ、「贅沢な素材を使っている」「細かいパーツ・仕様にまでこだわっている」から。

レザーハンドルトートを作るにあたっては、「大人の方に寄り添うハイエンドバッグ」をとことん目指しました。

素材やデザインはもちろん、使い勝手のよさにも、高級感を感じさせる仕上がりになっていますよ。

今回はその魅力をより具体的に皆様へお伝えしたい!という想いから、実際に筆者が使った感想を交えてご紹介します。

商品写真やバッグ自体の情報はもちろん、スタイリングや使用感もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

《栃木レザーハンドルトート》

きめ細かくずっしりとした織りの”特厚2号”帆布を使用。

特厚2号帆布は、タケヤリでしか織ることのできない貴重な生地。丈夫で型崩れしにくく、美しい風合いが特徴です。

また、持ち手には、世界中から高い評価を得ている「栃木レザー」を採用。時間をかけてじっくりとなめされた最高級の皮革です。

トートバッグのデザインは、カジュアルな帆布とドレスなレザー、ミクスチャーな雰囲気で新鮮さを感じさせつつも上品でシンプル。何年先でも定番アイテムとして活躍します。

オール・メイドインジャパンの確かな品質の帆布と革で、経年変化を楽しみながら末長く楽しんでいただけますよ。

 

《使ってみた》

28,600円というお値段も納得の素材を使用していますが、このバッグの良さはそれだけではありません。

実際に使ってみるとパッと見ただけではわからない、様々なこだわりを感じました。

バッグとしては少し大きめのサイズ感かと思いきや…薄型なのでかさばらず、歩く時も邪魔にならないのが、まず嬉しかったポイント!

バッグにはノートパソコンとハードカバーの本、ペットボトルが十分に入りました。旅行やビジネスシーンで使うイメージもしやすい大きさですよ。

ハンドル部分は長めでなめらかな手触りなので、肩にかけても◎長時間持っていても手や肩が痛くなりにくく、バッグ選びに欠かせない観点もクリア。

底面には鋲打ちが施してありしっかりと自立するので、床におきたい時も重宝します。

おっ!と思わず気持ちが高まったのは、ファスナー付きであること。中身を整理できていなくても、さっと荷物を隠せるから便利...なんて考えるのは筆者だけではないはず。電車に乗る際も安心ですし、見た目にもすっきりと持つことができますよ。

外側の脇には隠しポケットがあり、スマホや小銭入れなど、よく使う小物を簡単に収納することが可能。ジッパーの開け閉めを毎回しなくて良いのは嬉しいですよね。

内側にも大小3つのポケットが付いていて、鍵やパスケースをつけられるキーホルダーも備わっています。収納力、ありすぎです。

スマートな表面と打って変わって、裏地は鮮やかなオレンジ。大人のちょっとした遊び心を感じます。バッグの中をのぞく度、明るい気持ちになれそうです。

 

《スタイリング》

栃木レザーハンドルトートはグリーンとブラック、ネイビーの3色展開。今回筆者はグリーンとブラックをチョイスしました。

モノトーンのワンピースに、深いグリーンを効かせて。

カーキのような柔らかで落ち着いた発色なので、合わせやすいカラーですよ。

持ち手は黒のレザー、金属パーツはゴールドなので、ナチュラルさはありつつもほっこりしすぎません。シンプルなスタイリングにも、奥行きを与えてくれますよ。

ブラックはトレンチコートに合わせてみました。

帆布生地という一見ラフな素材でありながら、かっちりとしたコートやレザージャケットなどとも相性バッチリ!決めすぎず、程よい抜け感を演出できます。

シックなブラックは、コーディネイトにクラシカルな印象をプラスしてくれますよ。

柄スカーフなどを巻いてアレンジするのもおすすめです。

 

 

《終わりに》

いかがでしたか?

帆布のバッグ、と聞いて想像するものとは一味も二味も違うアイテムだったのではないでしょうか。

実際に使ってみて、飽きのこないデザインと高い実用性に、類稀ない頼もしさを感じました。

「ベーシック」を最高の職人が、最上のクオリティで完成させたトートバッグ。

良いモノを永く持っていただきたい、そんな想いがこもっています。

あなたのバッグ選びの参考になれば嬉しいです。

 

商品ページはこちら

 







Japanese
Japanese