撥水タイガー帆布とは。

こんにちは、スタッフKです。

 

前回はタケヤリにしか織ることのできない【特厚2号のシャンブレー帆布】の開発ストーリーをご紹介させていただきましたが、それに引き続き、こちらもタケヤリオリジナルの【撥水タイガー帆布】の開発ストーリーをご紹介させていただきたく思います。

同素材は、自衛隊のテントに施されている技術を応用して作られたもので、軽量でタフ、そして撥水性を持つことで知られています。今や国際線の機内誌や海外のサイトなどでも紹介されるほどの知名度を誇る生地が、どのようにして開発されたのか是非ご覧ください。

↓ 撥水性のテスト動画も、コチラでご覧いただけます。

タイガー帆布撥水テスト動画

【開発ストーリー】タイガー帆布(強力撥水帆布)  

↑こちらのリンクをクリック、ページ下にある矢印にそって順に読んでいただけるようになっております。

丈夫で、自分だけの変化が楽しめる。使い手と一緒に生活を共にする相棒のような存在になってほしいという気持ちを込めて作られたこのシリーズは、デニムのようなアタリや使い続けることでチョークマークという白っぽいラインが現れてきます。(※当て布をしてアイロンをかけることで消すことも可能です。)

生まれる前のボックスパックや、どのようにデザインを修正していくかもご覧いただけます。

 

 


タケヤリ スタッフ K

気に入るモノが見つからないときは自分で作ってしまうほどモノに対するコダワリの強いアラフォー。趣味はカメラとDIY、海外の調味料集め。苔も気になり始めた。特厚2号帆布のシャンブレートートを愛用中。バッグはカメラが入るサイズが好き。最近作ったものは、テーブル。

Japanese
Japanese