【汚れの落とし方】白い帆布バッグの黒ずみは「消しゴム」で簡単キレイに!

白や生成り、グレーなどの帆布バッグだと、表面についてしまった汚れや角の黒ずみが気になりやすいですよね。

毎日使うトートバッグなどは特に汚れやすいもの。お手入れが大変そう...と敬遠しがちな方、ちょっと待って!あなたの身近にある「消しゴム」が心強い味方になってくれますよ。

使い方は、鉛筆で書いた文字を消すように汚れへ消しゴムをかけるだけ。コーヒーや醤油のシミ(生地に染み込んだ汚れ)は難しいのですが、ちょっとした黒ずみであれば簡単に落とすことができます。

消しゴムは真っ白な新品のものを用意してください。色のついた消しゴムや鉛筆の成分がバッグに移ってしまう可能性があります。

また、キャンバス地専用の消しゴムもおすすめです。キャンバススニーカーのお手入れにも同じようにお使いいただけるので、両方お持ちの方には是非手にとっていただきたいアイテム。消しカスが生地にくっつくことがないためケアしやすく、かつしっかりと汚れを落とすことができます。

ちなみに、ご使用前に布用の防水スプレーをかけておくとある程度汚れを防止することができます。もちろん、雨や水による型崩れやシミを防ぐ方法としても効果を発揮してくれますよ。

とは言え、買ったばかりの頃のようにまっさらな状態をいつまでも保つ事はできません。残った消えない汚れも使う人の歴史の一つ。時々お手入れをしながら“もの”と向き合い、昔を振り返ってみるのも良い時間なのではないでしょうか。

 

English
English