タケヤリの「残糸」から、新しく軍手が生まれました

帆布のトートバッグやリュックでおなじみのタケヤリから、新しく軍手が登場します。

色は「モノトーン」と「イエロー」の2種。糸が作る模様がおしゃれです。

こちらの軍手、実は「残糸」を使って作られています。

残糸とは、帆布を織る工程で出てしまう余った糸のこと。
資源を無駄にしたくないという思いから、通常は処分するはずの糸がこちらの軍手に生まれ変わりました。

もともと処分する予定だった糸を使用しているため、価格はなんと、3セットで¥500(税抜)。
タケヤリの製品が、お求めやすい価格で購入できます。

なお、残糸から作られているという性質上、軍手はひとつひとつ柄が異なります。
柄の指定はできませんが、世界にひとつだけの自分の軍手をお楽しみくださいね。

タケヤリの帆布に使う予定だった残糸が使われているので、その丈夫さは確かなもの。
アウトドアやガーデニング作業時の手の保護など、様々な場面で使えます。
見た目もおしゃれなので、楽しく作業できますね。

捨てられるはずの残糸から生まれ変わった、タケヤリの軍手。
特別限定品のため、数には限りがあります。ご購入はお早めに!


商品を詳しくみる

English
English