大人の定番ワンショルダーバッグ。メンズからレディースまで幅広く使える形です。

タケヤリは明治21年から続く老舗の帆布工場です。自社で帆布を生産している数少ない機屋であり、2010年からはファクトリーブランドを展開。帆布の可能性を広げるための商品に挑戦し続けています。

そんな中でも今回はアウトドアライクな見た目から特にメンズから高い評価をうけているワンショルダーバッグを徹底解説。

シンプルで洗練されたデザインの中に隠された魅力を、ひとつひとつ紐解いていきますよ。

【バリエーション】

ワンショルダーバッグにはタケヤリでしか織ることのできない帆布生地が使用されており、それぞれが違った性能と、風合いを持っています。 

*【公式オンライン限定商品】特厚シャンブレー帆布 ワンショルダーバッグ

明治21年から職人の手によって作られ続けている帆布生地。特厚の二号帆布は今ではタケヤリでしか織ることのできない特別なものです。(帆布の号数についてはこちら

高い技術力をもつ職人だけが、時間をかけなければ作ることのできないこの帆布。その厚さはもちろん、その様相はレザーのような高級感を湛えています。

縦糸に生成、緯糸にチャコールグレーの2色の糸を使い分けることで表情の豊さを楽しめる逸品に。

 

*撥水タイガー帆布ワンショルダー

自衛隊のテントにも使われている強力なパラフィン加工を施したタケヤリ独自の「タイガー帆布」を使用しています。ちなみにパラフィン加工とはロウを帆布生地に染み込ませて、撥水機能を施すこと。

生地にロウを染み込ませるため、表面にデニムのようなアタリやチョークマーク(白い折り目のような跡)が残ることが特徴。

使い込んでいくうちに、どんどんと表情が変わっていくエージングを楽しめます。

【サイズ・機能性】

もちろんこだわっているのは生地だけではありません。その形にも「あったら嬉しい」ポイントが随所に詰まっています。

前面には大きなポケットをひとつ、カバンの中を開けたところにはスマートフォンがちょうどすっぽりおさまるサイズのポケットをもうひとつ準備しています。

どうしてもカバンの中で迷子になりがちな小物はこのポケットに忍ばせて。

ちょうど500mlのペットボトルが2本すっぽりとおさまるサイズ感。コンパクトながらも、収納力はばっちりで、財布やタオル等必要なものはまるっとおさまる、嬉しい設計です。

さらにどちらにも左右どちらの肩にも対応しやすいように、ひっかけるための金具を左右両方に作っています。

なんとなく、カバンを右からかけるか、左にかけるか、自分の中で無意識でこだわりがあったりするもの…。しっくりくる方を是非お使いくださいね。

【つかってみた】

生成のバッグはカジュアルながらも、大人可愛い印象。

ベルト部分やハンドル部分のレザーのベージュがアクセントになって、遊び心の感じられるデザインです。

シンプルなコーデの中でも邪魔をしない、カジュアルに崩しすぎないバランス感が◎

生成



タイガー帆布のブラックは、細部のチャックまで黒で統一されており、コーデがきゅっと引き締まります。

タケヤリだから織ることのできた帆布がどっしりとした重厚感のある雰囲気を醸し出し、高級感を与えてくれます。

カジュアルさとシックさが調和した幅広く使うことのできるカバンです。

タイガー帆布


 【おわりに】

いかがでしたか?

生地から形、装飾すべてにこだわりが詰まった、タケヤリの送る至高のワンショルダーバッグです。

サイズはコンパクトでも、しっかり存在感を示してくれる大人なアイテムに仕上がっています。

ここで紹介できなかったカラーバリエーション等もご用意していますので、是非オンラインサイトのページでもご覧になってください。

English
English