大容量のボックスパックは嬉しいが詰まった最高の帆布リュックだった⁉︎

筆者自身タケヤリ愛用者であり、特にこのボックスパックは通勤用カバンとして毎日使用しています。(リモートワークのため最近出勤は減りましたが…)

日々使っているからこそわかるこのカバンの使いやすさや気になるポイントをレビューしちゃいます。

購入に悩まれている方はぜひ参考にしてください。


【嬉しいポイント】


①パソコンをサッと入れられ、取り出す時も楽ちん。

ボックスパックの大きな特徴のひとつが、このパソコン用ポケット。

衝撃吸収材入りポケットだから、裸のままでもパソコンをしまうことできるのが◎

ちょっとだけパソコンを触りたい時、いちいち取り出してから、パソコン用のポーチから取り出すのって結構面倒くさい。その一手間が省けるのはかなり嬉しいポイントです。


②手をあけたい時にありがたいサイドポケット


急になにかを手渡されそうになり、右手の携帯をしまおうとして気づく。「今日着てきた服、ポケットがない!」こんな時、たまーにありませんか?(筆者はよくあります)

そんなとき大活躍するのがこのサイドポケットです。

背負いながらも、入れたり取り出したりできるので、取り回しが最高です。

またペットボトルの飲み物が結露していたりして「ちょっと濡れているから、中の荷物と一緒には入れたくないな」といったシュチュエーションのときも、とっても重宝します。


③鍵が迷子にならない、玄関前でカバンの中を漁る必要なし!


大きなカバンほど中に何があるかわからなくなるもの。特に鍵って迷子になりがちです。

このボックスパックにはキーリングがついているから、見失う心配がありません。

引っ掛けるところが用意されているだけでなく、取り付けたまま使える長さが確保されているから、いちいち取り外さなくても使うことが可能です。鍵をつけたまま、中のものをひっかけたりしないようにポケットまで完備の至れり尽せりさ。

取り外すことがないから、定位置が決まる安心感も◎


④ポケットも工夫がたくさん。サイズごとで使い分けて


キーリング横のポケットも嬉しいポイントが。

キーリング用のポケットが一つ。携帯やハンカチを入れておくくらいのポケットが一つ。さらに筆記用具を入れておくためのポケットが二つ。

細かく用途によって区切られているため、ここでも小物が迷子にならない仕様になっています。

筆者は以前、ペンケースを持ち歩いていたのですが、ここにボールペンを入れておけば困らないことに気づき荷物が一つ減りました。



⑤自衛隊のテントでも使われている撥水技術を使った「タイガー帆布」


自衛隊のテントに使用されている技術を応用することでうまれた、強力な撥水性能をもつタイガー帆布。

パソコンを日夜持ち運ぶ筆者としては、水分は恐ろしい存在なのです。でも急な雨にふられても、このバッグなら安心・安全。

とはいえ、防水ではなく撥水のため、水没するほどの水濡れには要注意です。


⑥A4サイズもばっちり!大容量バッグになんでも詰め込んで


問題なくA4サイズのものが入るのってやっぱり重宝しますよね。

また入れたい荷物はとりあえずなんでも詰め込める、圧倒的な容量が嬉しいポイント。

「昼間は暖かくても、夜は寒くなるかも…」なんてときのためにコートもいれておけちゃう。そんなサイズ感です。



⑦シックにもカジュアルにもコーデに合わせて。どんな格好でもOK


このカバンがなにより嬉しいポイントは普段きているどんな服にも自然に馴染んでくれること。

ちょっときれいめでシックなコートに合わせても◎カジュアルでスポーティな格好にも◎

帆布のカバンだからこそ出せる風合いが、全体のなかでうまく調和をとってくれるため、可愛らしすぎもせず、硬くなりすぎず、すごくちょうど良い逸品に仕上がっています。



【おわりに】


いかがでしたでしょうか?ボックスパックをこれまで使い続けてきてうれしかったことをまとめてみました。

でも本当の魅力は使ったからこそわかるもの。

この記事を読んで気になった方はぜひぜひオンラインストアで、詳細を確認してみて下さい。




English
English