makuakeで465%の応援金額を達成した帆布の「クラフトワークマンシャツ」着こなしをご紹介。

以前makuakeというクラウドファンディングサイトにてプロジェクトを開始し、応援金額が465%を達成した帆布の「クラフトマンワークシャツ」。今回特別にタケヤリのオンラインストアでも、ショート丈ワークシャツを販売する運びとなりました。

それを記念してスタッフがそれぞれの着こなしやコーデについてご紹介します。

このワークシャツは元々、タケヤリの帆布工場で働く職人さんに向けたもの。「帆布生地を使った丈夫な作業着を着てもらいたい」という想いから、ベルギー製シャットル織機「ピカノール」で織られた綾織の厚手の生地を使用しています。

また、タケヤリと同じ岡山県倉敷市の児島地区に工場を構えるシャツメーカー、ワイヤードさんとタッグを組み、シャツとしても本格派な仕上がりに!


今回ストアで発売するのは、ショート丈のワークシャツ。オリジナルカラー”ピカノールネイビー”と帆布らしい”生成”の2色展開です。

作業着だけではなく、ファッションとして着用してもかっこいい商品に落とし込むことができました。

 

 ■ショート丈ワークシャツ■

タケヤリの職人さんのユニフォームと同型。職人さんの動きやすさを考えたデザインです。

ショート丈なのは、高速で動く織機との接触を避けるため。引っ掛かかりやすい脇ポケットは付けず、胸ポケットを出来る限り大きくしました。

こちらはデニムジャケット感覚で羽織っていただけます。コンパクトな印象で、スタイルアップに◎

生地の風合いや色味が柔らかなので、ラフになりすぎないのも嬉しいポイントです。


■ベーシックワークシャツ■


伝統的なワークシャツのデザイン。襟元のボタンのみベルナップ(大き目のスナップ)を使って開け閉めしやすくしているなど、実用性も兼ね備えています。

中にTシャツやタートルネックを入れてジャケットとして。上からコートを羽織ればシャツとして。一枚でも重ね着でも活躍するので、長いシーズン楽しんでいただけますよ。

カジュアルな服装はもちろん、ドレスライクなスタイルに合わせ、外しとしてお使いいただくのもおすすめです。

 

■カバーオール■


古い年代をイメージした雰囲気のあるアイテム。ボタンにはSLボタンを採用しています。

そんなオールド感は今の気分にぴったり。少し大きめなサイジングとビックサイズのポケットは、コーディネイトのアクセントに◎

とことんリラックスした着こなしでも様になります。

スタイリングに映える主役級アイテムでありながら、デザインやカラー自体はシンプルなので着回し力も抜群です。



【終わりに】

帆布好きな方・タケヤリのバッグを使って下さっている方はもちろん、

「ものづくり」を愛する全ての方におすすめしたい、老舗帆布工場こだわりのアイテムです。

帆布生地を“着る”なんて、少しワクワクしませんか?

ぜひこちらのワークシャツお持ちの方は参考にしてみてください。お持ちでない方はこちらから商品をご覧いただけます。

English
English