帆布製品のお取扱いについて

■ 素材の特徴

TAKEYARIの製品は、旧式のシャトル織機で織り上げた帆布を使用しており下記のような特徴があります。
・糸のつなぎ目や織り段(横筋・糸節)が生じる場合があります。
・帆布の耳(セルヴィッジ)に、小さな凸や凹ができることがあります。
・日焼けによる色褪せ、雨・汗・摩擦による色落ちが起きる場合があります。

<タイガー帆布に施されている撥水加工について>
撥水機能とは生地の表面を水が転がり落ちるような作用で水を弾く機能のことを言います。タケヤリのタイガー帆布には、綿帆布にパラフィン(ろう)をたっぷり染み込ませて、撥水機能を施しています。この加工により、水がカバンに付着しても、コロコロと水が転がり落ちることで内部に染み込まず、生地が濡れにくくなります。あくまで水を弾くものなので、水量が多い場合には生地に水が染み込むなど、撥水効果が薄れることがございます。あらかじめご理解下さい。

<天然皮革を使用した製品> 
・天然の革には、動物が元々持っている体表面の模様やシワ、傷や毛穴痕などが自然の刻印そのままに残されています。ご使用上問題はございませんので天然の革の特徴としてお楽しみ下さい。天然皮革を使用した商品はのお洗濯は
お避け下さい。

■ お手入れ
【普段のお手入れ】
乾いた布や毛先の柔らかいブラシなどで汚れを落としてください。汚れによっては白い消しゴムで軽くこすると落ちる場合もあります。強くこすると色落ちの原因になりますのでご注意下さい。

【お洗濯】 
型崩れを防ぐため、お洗濯はお避け下さい。汚れた場合は、早めにその部分を硬く絞った柔らかい布で優しく叩いて下さい。
※クリーニングの際はバッグクリーニング専門業者にご相談ください。

【保管方法】 直射日光の当たる所や高温多湿の所は避け、風通しの良い日陰で保管して下さい。

English
English