帆布バッグの正しいお手入れ方法

最初は硬くてごわついた印象だけれど、使い続けるうちに柔らかくなり風合いが増してくる。そんな時間とともに変化する味わいが魅力的な帆布は、手をかけるほどさらに愛着が増す素材です。ここでは、皆様が末長く帆布バッグをご愛用いただけるよう、正しいお手入れ方法についてご紹介いたします。

 

使う前にやっておきたいこと

帆布バッグをなるべく綺麗に使いたいという方は、使用前に布用の防水スプレーをかけておきましょう。雨による型崩れやシミを防ぐことができ、日常的な汚れもつきにくくなります。(必ず、目立たない箇所に少量をスプレーして異常がないことを確認してください)
一方、スプレーをかけると生地の表面をコーティングしてしまうことになるため、風合いをより楽しみたいという方は使用を控えましょう。

タケヤリでは強力なパラフィン(ロウ) 加工を施した撥水タイガー帆布シリーズを展開しています。水を弾くだけでなく強度の高い素材のため、気兼ねなく手に取ることができますよ。

 

普段のお手入れ方法

帆布バッグはほこりや塵が付着しやすく、気がついた時には黒ずみや変色につながっていることも。バッグを使った日は、一日の終わりに毛先の柔らかい洋服ブラシや乾いた布などで表面をさっと払ってあげましょう。ほこりやちょっとした汚れにはこれだけでOKです。
汚れの跡がついてしまった場合でも、白い消しゴムで軽くこするだけで大抵の汚れは落とすことができます。(詳しくは【汚れの落とし方】白い帆布バッグの黒ずみは「消しゴム」で簡単キレイに!へ)このとき、強くこすりすぎると色落ちの原因になるため注意しましょう。

 

濡れて/カビてしまった時の対処方法

■濡れてしまった
まず乾いた布で水分を拭き取り、次にかたく絞った濡れタオルで再度バッグ全体を優しく拭きましょう。一部だけ濡れていると輪染みのように痕が残ってしまうことがあるため注意。拭き終えたら風通しの良いところで乾かしてください。


■カビてしまった
かたく絞った濡れタオルで優しく拭いて、汚れを落としてあげましょう。濡れたままにするとカビや黄ばみが発生する原因になるため、拭き終わった後は必ず乾燥させてください。
汚れがひどく、拭いてしまうことでかえって範囲を広げてしまいそうな場合は、すぐにクリーニング専門店へ相談することをおすすめします。

 

汚れの落とし方

汚れが気になってきたら、水で薄めた中性洗剤を布に含ませて叩くように汚れを拭き取ってあげましょう。汚れがとれたら固めに絞った布で水拭きした後、風通しの良い場所で陰干しをしてください。

 

「持ち手」汚れの落とし方

特に汚れがつきやすいのはトートバッグなどの「持ち手」。この部分の汚れにはご家庭でお使いの固形石鹸が効果的です。汚れている箇所を水で濡らして石鹸を塗り、使い古しの歯ブラシなどで軽くこすってください。汚れが落ちたら乾いたタオルで水気を拭き取り、陰干ししましょう。

 

帆布バッグの洗濯方法

丸洗いは色落ちや型崩れの原因になるのでなるべく避けたほうがベター。どうしても汚れが落ちない場合は、専用洗剤を使って手洗いするのが良いでしょう。

下準備:まずブラシで優しく汚れを払い、レザー飾りなどの付属品をあらかじめ取り外します。

用意するもの:洗面器・キャンバス専用の洗剤(もしくは一般の中性洗剤)・タオル

洗い方

  1. ①洗面器に水を張り、専用の洗剤を入れてかき混ぜます。この時水の温度は30度くらい。水温が高い方が洗剤は溶けやすく、汚れ落ちも良くなります。一方で水の温度が高すぎると、布が縮んでしまったり、色落ちの可能性が上がってしまうので要注意です。
  2. ②洗剤を溶かした水に、カバンをゆっくり沈め、両手で上から優しく押し洗いします。頑固な汚れには歯ブラシを使うと◎。色落ちしないように、やさしくこすってあげましょう。
  3. ③数分ほど押し洗いし、水が濁らなくなったら、綺麗な水・ぬるま湯で泡が出なくなるまで、念入りにすすいでください。
  4. ④水気を軽く切り、タオル等で上から押さえながらシワを伸ばしつつ、水分を取ってあげましょう。※脱水機を使う際は1分以内に済ませてください。シワや傷みの原因になります。
  5. ⑤通気性の良い場所で平干ししてください。色あせや劣化を防ぐため直射日光は避け、陰干しすることが干し方のポイントです。濡れたままの状態で放置すると、カビが発生する恐れがあるため注意しましょう。

 

帆布バッグの保管方法

荷物を入れっぱなしにして床に置いておくのはNG。湿気によって汚れや黄ばみが発生してしまいます。中身は全て取り出して、風通しの良いところにかけておきましょう。

帆布の鞄は大事にしまい込むよりも、適度に使ってあげることでカビを防ぐ効果が期待できます。あまり使わないカバンは、ホコリを防ぐために不織布の袋に入れ、湿気の少ない風通しの良い場所に保管するのがおすすめです。直射日光が当たらないように気をつけましょう。

使いこむことで劣化するのではなく、味わいが増すのが帆布の良いところ。皆様もぜひ、使うほどに変化していく帆布の風合いをお楽しみください。

商品ページはこちら



 

English
English